ギリシャ・ラテン文学

あまりなじみ無いギリシャ・ラテン文学を集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

崇高について (単行本)

メタローグ
西洋のあらゆる批評の原点とされる名著の本邦初訳。ロンギノスを名乗った古代ローマ帝国末期の著者によって書かれ、本文の欠落が若干あるものの、時代の荒波を越え、一級の知性によって読み継がれ、伝えられてきた。我が国の文壇の重鎮がこの本と出会ったのは大学生の頃。今から半世紀も前のことだ。卒論を準備しながら丹念に試訳を重ねた。それが一冊の書物に結実したのは、阪神大震災がきっかけだった。罹災した氏の胸に、凋落するローマの栄光と世紀末日本がダブった。時代と向き合おうとする訳文のなんと溌剌と躍動していることか。抵抗する文士の面目を見せた、時空を越えた共作である。(小林浩)
『ことし読む本いち押しガイド2000』 Copyright© メタローグ. All rights reserved.


内容(「BOOK」データベースより)
人間論=文学論=批評の原点といわれる西洋文学古典中の古典「崇高について」を半世紀にわたる文学活動の根底に方法的に取り込んできた小田実が、満を持して翻訳、世に問う。著者「ロンギノス」に深く応答しつつ、世紀末現代の状況を見据えて書かれた小田独自の文学論を同時収録。時代を超えた希有な共著。

完訳 イリアス (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
戦争と死―人間永遠のテーマを謳った大叙事詩。神と人間が入り乱れて闘うトロイア戦争は十年目に入る。ヘクトルとアキレウスを軸に戦いと悲しみの日々を描いた大ロマン。

内容(「MARC」データベースより)
神と人間が入り乱れて闘うトロイア戦争は10年目に入る。ヘクトルとアキレウスを軸に戦いと悲しみの日々を描いた大叙事詩。世界の大古典を読みやすく生き生きとした新訳で贈る。

タウリケーのイーピゲネイア (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父アガメムノーンによって生贄にされた悲運の王女イーピゲネイア。奇跡的に女神アルテミスに救われ、今はタウリケーで望郷の日々を過ごす。そこへやってきたのが母殺しの罪によって故郷を追放された弟オレステース。二人はいかにして互いの素性に気づくのか。ギリシア三大悲劇詩人エウリーピデースの後期を代表する作品。新訳。

オデュッセイア〈下〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
(下)には第一三歌から第二四歌を収める。怪物たちとの戦いや冥界訪問など、オデュッセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わりを告げて、物語はいよいよ、オデュッセウスの帰国、そして留守の間妻を苦しめていた悪逆な者たちへの復讐という、劇的な盛り上りに満ちた大英雄叙事詩のクライマックスへと突き進んでゆく。

内容(「MARC」データベースより)
オデュッセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わり、オデュッセウスの帰国、留守の間妻を苦しめていた悪逆な者たちへの復讐という劇的なクライマックスへ突き進んでゆく。第13歌から第24歌を収める。94年刊のワイド版。

ヘレネー誘拐・トロイア落城 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争は世に名高いが、戦争の発端の一部始終を伝える作品となると、『ヘレネー誘拐』が現存するのみである。一方、戦争最後の夜の悲劇に焦点を絞り、有名な「トロイアの木馬」の製作過程を詳述した作品も『トロイア落城』の他にない。クイントゥス作『トロイア戦記』と相互補完し、トロイア戦争の全容把握に不可欠な小叙事詩二篇。本邦初訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松田 治
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

神曲・地獄 (-)

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテを師と仰ぐ、詩人に依る入魂熟成の新訳。複雑怪奇な人間のあらゆる現実に対する限りない透徹、明確・強烈・精妙・幽玄な、全体と細部のイメーヂに、凝縮・含蓄された根源的思考・感情。正に掬むべき源泉である。

内容(「MARC」データベースより)
複雑怪奇な人間のあらゆる現実に対する限りない透徹、明確、強烈、精妙、幽玄な、全体と細部のイメージに凝縮された根源的思考と感情を汲み取る。私家版として1986年に刊行した「地獄」を再刊。

ギリシア悲劇―神々と人間、愛と死 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
紀元前5世紀のアテーナイで盛んに演じられ、今もなお現代人を魅了するギリシア悲劇。その魅力の源泉は何か。普遍的意味はどこにあるのか。アイスキュロス、ソポクレース、エウリーピデース──3大悲劇詩人の代表作、その女主人公の人間像を通し、神々と人間、愛と死など人間存在の本質と根本問題を内在的作品解釈によって鮮やかに解き明かす。



内容(「BOOK」データベースより)
紀元前五世紀のアテーナイで盛んに演じられ、今もなお現代人を魅了するギリシア悲劇。その魅力の源泉は何か。普遍的意味はどこにあるのか。アイスキュロス、ソポクレース、エウリーピデース―三大悲劇詩人の代表作、その女主人公の人間像を通し、神々と人間、愛と死など人間存在の本質と根本問題を内在的作品解釈によって鮮やかに解き明かす。

星座と神話 (冬の星空) (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
オリオン座・おうし座・ふたご座・おおいぬ座・こいぬ座・ほ座・とも座にまつわる神話や伝説、冬に生まれた人のための星うらないなど。

神曲 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ヨーロッパ中世にひときわ高くそびえ立つ大古典「神曲」を清新な名訳として定評のある平川訳で贈る。絢爛たるイメージに満ちた壮大な物語。

ギリシア悲劇〈3〉エウリピデス〈上〉 (文庫)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
エウリピデス
480B.C.~406B.C.アイスキュロス、ソポクレスとならんだギリシア三大悲劇詩人の一人。アテナイの名門に生まれ、25歳~30歳で劇壇にデビュー。その活動は半世紀に及び、ソポクレスとともにアテナイ劇壇の重鎮であった。生涯の作品数は75篇とも80篇ともいわれる。晩年、マケドニアの王アルケラオスに招かれ、その地で客死した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {美容外科} {東京ぶらぶら} {墨田区紀行} {GOGO!江戸川区!} {アキバ中毒のページ} {台東紀行} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {電子たばこ}
{大好きSF/ホラー} {詩集集}

ooo山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 豆千葉ドットコムooo 台東紀行ooo 性病検査キットooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo 風呂の事ooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉の醤油ooo 中野区居住化計画ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo カレー大好きキレンジャー!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo AV・カメラ・PCooo ガシャポン戦死!ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 千葉鰻ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo アメ横一番!ooo